2008年01月13日

北京五輪の直前合宿地として日本が大人気!!

20年ぶりに夏季五輪がアジアで開催されますが、その2008年8月8日開幕の北京オリンピックの直前合宿地として日本を希望している国がすでに20ヶ国もあるらしいです!(´・ω・`)世界陸上などで実績がある日本ということで選ばれてるみたいです

日本合宿がすでに内定しているのはアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、アイルランド、スウェーデン、フィンランド、オランダなどなど。やっぱり中国の大気汚染と食の安全性についてはドコの国でも有名みたいですね。

やっぱアジアでの日本はまだまだ捨てたもんじゃないですね!大人気(゚∀゚)大人気(゚∀゚)日本のクリーンっぷりを世界にアピールするためにも合宿地の街掃除とかしたいですねぇ。みんなでキレイキレイしましょう!!あと、夜間の取り締まりもキチンとね
 
 

 
 
posted by hucky at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

ACミランは浦和レッズ眼中なし!

トヨタカップ2007の初戦でセパハンに3-1で見事に勝利した浦和レッズですが、ACミランの選手はレッズの選手についてはほどんど知らないらしい・・・ミランの監督はというと「最も警戒する選手はFWのワシントンだ」・・・そうですか!日本人は無視ですか!

さらにミランの選手はセパハンvsレッズの試合をテレビで見るから問題ないよ発言!とことん舐められてますよ浦和レッズの日本人のみなさん!そりゃあACミランはスーパースター集団かもしれないけどスポンサーはTOYOTAなんだからもうちょっと考えて欲しいよなぁ

とにかくこのニュースを見てカチン(`ω′)と来ないサッカーファンの日本人はいないはず!

浦和レッズ VS ACミランの放送は12月13日(木)の19:00からです!是非とも一矢報いてやりましょう!!気合だ浦和レッズ!!(`ω′)ノ
 
 
 
浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡
浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡 
posted by hucky at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

国際大会の公式バレーボールが欲しくてムズムズしてきた

週末は金・土・日と全日本女子バレーボールのワールドグランプリ2007に釘付け(*´д`*)になってなってますが、毎度のことですけどあの過剰なまでのマイクを使っての応援はいかがなものかと思っちゃいます。


ちょっとピンチになろうもんなら「ニッポン!ヽ(≧▽≦)ノニッポン!」得点を決めようもんなら選手の名前を連呼!盛り上げたいのはわかるけど日本人ならもうちょい控えめの方がいいんでないと思う今日この頃。


じゃなくて本題は公式戦に使われてるバレーボールが欲しいんです!そうなんですッ!ミカサのMVP2000らしいんですけど、いかんせんちょい高目の価格みたいです、練習用の方がお手頃ぷらいすo(゚Д゚)っなんですが本物が欲しいっていうマニア心がムズムズムズムズと邪魔をしてくる・・・・

とりあえず欲しい物リストに入れて給料日待ちが正解かな。






[ミニメモ]
ワールドカップ、ワールドグランプリなど2008年まで国際ボレーボール連盟の主催する大会は全てミカサのバレーボールで行われるそうです

 
 
 
posted by hucky at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(7) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

亀田興毅ノンタイトル戦

世界フライ級に挑戦中の亀田興毅VSエベラルド・モラレス戦。計量を亀田は50.8kgでフライ級のリミットをパス。余裕たっぷりで「とりあえずKOやな。豪快に倒す」と宣言。計量後、亀田がモラレスにメキシコの名物タコス味のスナック菓子をプレゼントするパフォーマンスがあったが特に荒れることはなかった、残念。

 前座として三男、亀田和毅の特別スパーリング3分2Rが披露されるようです

【試合結果】
3-0で亀田の判定勝ち

闘育論 亀田流三兄弟の育て方
闘育論 亀田流三兄弟の育て方
 
 
 
posted by hucky at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

WBAライトフライ級タイトルマッチ 亀田興毅初防衛戦

有明コロシアムで行なわれたWBAライトフライ級タイトルマッチ亀田興毅vsファン・ランダエタ。

12ラウンドをフルに戦い、亀田が判定3-0で見事にランダエタをくだしました。KOはできなかったものの脅威のスタミナをみせ、今回は誰が見ても確実に亀田の圧勝でしょう。

浪速乃闘拳 世界への軌跡・第一章
浪速乃闘拳
世界への軌跡・第一章
posted by hucky at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。